ニュース

ソニー、簡単プログラミングで用途多彩なセンサーブロック「MESH」に、「人感」「照度」「温度・湿度」タグ追加

 ソニー株式会社は22日、ブロック状の小型センサーモジュール「MESH」シリーズのラインナップに、人感検知用モジュール、照度検知用モジュール、湿度・温度検知用モジュールの3機種を追加した。希望小売価格は各6980円(税込)。現在、Yahoo!ショッピングで予約受付中。

「Motion」「Brightness」「Tempereture & Humidity」タグが追加された「MESH」シリーズ

 MESHは、それぞれの機能を持つセンサーモジュールである「タグ」を、スマートフォン/タブレット向け「MESHアプリ」上でビジュアルプログラミングすることで、さまざまな用途に利用できる製品。これまでに、動きを検知する「Move」タグや、プログラムのトリガーになる「ボタン」タグ、通知や状態を表す「LED」タグのほか、アナログとデジタルの入出力スイッチとして使える「GPIO」タグが発売されている。

 また、新しいタグの追加にあわせて、iPhoneアプリもリリースされた(iPad版はすでに提供済み)。プログラミングは、タグに見立てたアイコンと他のタグやウェブサービス、デバイスを線で結んで動作を指定する。スマートフォンのマイクやカメラ、スピーカーなども利用可能。

 iPhone/iPadとはBluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)で接続。本体の電源は内蔵リチウムイオンバッテリーを採用し、充電用ポートとしてMicro USBコネクターを備える。

iPhone版「MESH」アプリも提供開始された

 人感用の「Motion」タグは、2〜3mの範囲内で人の動きを検知可能。温度の動きの変化を検知するため、人以外の動物にも反応するという。複数パターンの検知に対応しており、動体検知以外にも「未検知」であることをアプリに通知するほか、アプリからの問い合わせに対する状態通知を行うこともできる。

「Motion」タグは、人や動物の動きを検知する

 明るさを感知する「Brightness」タグは、周囲の明るさの変化をスイッチとして利用でき、「秘密の引き出しを開けると警告音が鳴り、自分宛てにメールが来る」といった用途にも利用可能。1〜10段階の照度検知のほか、タグの目の前に物体が接近すると検知する「近接物検知」、物体が離れた場合の検知も可能。アプリからの問い合わせに対する状態通知も行える。

「Brightness」タグは、明るさを検知可能。「プレゼントボックスを開けるとメッセージが流れる」といった用途にも使える

 温度や湿度を検知する「Temperature & Humidity」タグは、湿度や温度の変化をスイッチとして利用可能。マイナス10度から50度までのレンジで温度範囲を設定でき、設定したしきい値からの変化を検知してアプリに送信する。湿度も0%から100%のレンジで検知可能。アプリからの問い合わせに対する状態通知にも利用できる。

「Temperature & Humidity」タグは、温度・湿度を検知可能。「部屋が乾燥するとアラームで通知」といった用途にも使える

(山川 晶之)