ニュース

スマホ利用者の接触頻度が最も高い広告媒体、10代でスマホがテレビを上回る〜ジャストシステム調査

 株式会社ジャストシステムは8日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)」の調査結果を公表した。15〜69歳の1100人を対象に調査したもの。

 スマートフォン利用者が接触頻度が最も高かったと感じる広告媒体は、「TVCM」が38.5%と最も多く、「パソコンで表示される広告」が27.8%、「スマートフォンで表示される広告」が24.4%と続く。なお、20代以上ではTVCMが最多だが、10代ではスマートフォンで表示される広告が47.4%で最多。TVCMの33.3%を大きく上回った。

2015年に接触頻度が高かった広告

 アプリの認知率では、Instagramの認知率が大幅に増加。2014年12月調査時では48.6%だったが、今回の調査では72.7%。利用率も、8.3%から13.4%に増加している。また、Facebookは、認知率が94.1%と高水準をキープしつつも、利用率は37.5%と前年より2.5ポイント減少した。

 ウェブサイト閲覧時に「ブックマーク」をよく利用する人は、PCで50.5%だったが、スマートフォンでは若干少なく、iOS利用者で44.6%、Android利用者で43.8%だった。

Instagramの利用状況
ブックマークの利用状況

(山川 晶之)