記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

トイレに紙がなくTwitterで助けを求めたら届いた→フォロワーまで増加 ほか

【2010/5/10】

■ トイレに紙がなくTwitterで助けを求めたら届いた→フォロワーまで増加

 ヨドバシカメラ秋葉原店のトイレで用を足したあと紙がないことに気づいた人がTwitterでヘルプを求め、それがRTされた結果、無事に個室に紙が届けられるという出来事があった。書き込みから紙到着まで、その間わずか20分。アキバのヨドバシという人出の多いスポットだからこそスピーディーに成立したやりとりだが、Twitterを考案したJack Dorseyも、こうした使い方は想定していなかっただろう。ちなみに当の@naika_tei氏はその後「例のトイレ事件で急激にフォロアーが増えて割と涙目」とツイートしている。クサいものが取り持つ縁といったところだろうか。

◇トイレに紙が無くてtwitter経由で届いたという話(【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´))
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52310158.html
◇naika_tei氏の発端となったツイート(Twitter)
http://twitter.com/naika_tei/status/13421065422
◇naika_tei氏のその後のツイート(Twitter)
http://twitter.com/naika_tei/status/13655738880

(tks24)

■ 「ひろゆき流ディベート術」に、ネットユーザーが大注目?

 ゴールデンウィーク中に大きな話題となったのが、5月2日にBSジャパン「デキビジ」で放映された、ひろゆき氏と勝間和代氏によるネットの匿名性についての対談。その後の勝間氏のブログでの謝罪も含め、各方面に反響を巻き起こしたこの対談だが、そんな中でネットユーザーの注目をひときわ集めていたのがひろゆき氏のディベート術。「知識がある上で揚げ足取りが得意だから手の付けようが無いわな」「あの回転の速さは鍛えて得られるものなんだろうかね」「ほとんどの2ちゃんねらーは理屈は捏ねれてもあんな瞬発力ない」など、単発のスレで多くの驚嘆の声が上がっていたほか、佐々木俊尚氏もTwitter上で分析を行っていた。ホスト役である勝間氏ではなくひろゆき氏に注目が集まるというのも、ある意味で非常に興味深い。

◇ひろゆきってなんであんな論争強いの?(イフカルト)
http://blog.livedoor.jp/wordroom/archives/51612007.html
◇ひろゆきが、相手が専門用語使うと「僕知らないけどどういう意味なんすか?」と無知なフリして聞くのは戦術(スチーム速報 VIP)
http://newsteam.livedoor.biz/archives/51481143.html
◇BSジャパン デキビジ
http://www.bs-j.co.jp/dekibiz/

(tks24)