記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

UNLHA32.DLL開発停止で、LZH形式の余命はあとわずか? ほか

【2010/6/7】

UNLHA32.DLL開発停止で、LZH形式の余命はあとわずか?

 日本国内で長らく標準として使われていたファイル圧縮の方式といえば「LZH」だが、このたびその核であるdllファイル「UNLHA32.DLL」の開発が停止されることになり、作者がホームページ上で使用中止を呼びかけている。詳細はスラッシュドットの記事に詳しいが、JVNやIPAが脆弱性を受理しなかったことが発端となっていることから、今後は国際標準であるZIPへの移行が急速に進む可能性が大だ。Twitterでは「最近本当見なくなっちゃって……いままでありがとう」「ちょっとショックです〜」という声がある一方、「古いファイルを開きたい時に困るかな」と、すでにユーザの手元に存在しているLZH書庫が将来的に解凍できなくなる、もしくは手間がかかるようになることを懸念する声もある。

◇Unlha32.dll等開発停止、LHA書庫の使用中止呼びかけ
http://slashdot.jp/~Claybird/journal/508709
◇お知らせ(Micco's HomePage)
http://www2.nsknet.or.jp/~micco/notes/ann.htm
◇LZH終了のお知らせ(【2ch】ニュー速クオリティ)
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51554100.html

(tks24)

Togetterでツイートを改変できる脆弱性が見つかり、機能を制限中

 Twitterのまとめサイト「Togetter」で、他人のツイートを改変したり、デコレーション機能を用いて任意のスクリプトを実行できる脆弱性が見つかり、現在一部の機能が利用できなくなっている。これまでにも、本来無関係なツイートを入れて会話の流れを恣意的なものにしたり、時系列を無視して並び替えるといった改変が指摘されることは多かったが、ツイートそのものが改変できることが分かったのは初めて。運営側では発覚したものについて削除対応を行うほか、専用の窓口を近日中に開設するとしているが、自分のツイートが気づかないうちにまとめられているケースも多いため、根本的な解決につながるかは不透明だ。

◇TweetBuzz - Togetter - まとめ「Togetterで捏造ツイートを投稿できるかのテスト」
http://tweetbuzz.jp/entry/32583321/togetter.com/li/26927
◇Togetter
http://togetter.com/

(tks24)