記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

「丹精込めて作った」人間大のガンダムのシールド、ヤフオクで落札待ち ほか

【2012/8/27】

「丹精込めて作った」人間大のガンダムのシールド、ヤフオクで落札待ち

 ヤフオクのプラモデルカテゴリにおける「完成品」といえば、一般的には組み立て塗装済みのプラモデルを指す。スキルのあるユーザーが仕上げたプラモデルは美術品や工芸品といってもいい出来で、10万円を超える価格で落札されることもしばしばだ。そんな中、異色の出品として局地的に話題になっていたのが、手作りの「ガンダム」のシールド。人間が持つとぴったりのサイズに仕上げられた、RX-78ガンダムのFRP製のシールドだ。説明欄には「趣味で人間サイズのガンダムシールドを作ってみました(中略)丹精込めて作った物ですので大切に使って戴ける方からのご入札をお待ちしております」とあるが、6万円という価格が高価すぎるのか、はたまた使い方が思いつかないためか、落札されずに再出品されて今に至っている。連邦軍の十字マークもばっちり決まったこの一品、果たしてこの先購入者は現れるのだろうか。

◇ガンダム シールド 人間サイズ FRP製 盾(Yahoo!オークション)
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r93137027

(tks24)

その発想はなかった――機械オンチの母親でも無線LANが設定できるワザ

 無線LANのSSIDを見ていると、近所の誰かが設定したと思われる、意味のある文字列をまれに目にすることがある。例えば「○○号室は静かにしろ」といった周辺住民へのメッセージだったり「誰々専用アクセスポイント」などと俺ネームをつけているといった具合だ。最近はSSIDに日本語が使えるようになったこともあり、公衆無線LANサービスも含めてこうしたネタSSIDが楽しまれている節もある。そんな中、SSIDの文字列を使い、母親に無線LANの設定方法を教えるという実用的なワザが「らばQ」で紹介されていた。詳細はリンク先の記事をご覧いただくとして、たしかにこの方法であればスマートな設定が可能になりそうだ。記事中でも指摘されているように、皆が同じワザを使い始めるとさらにややこしくなりそうな予感はあるが、誰でもかんたんにできるワザという意味では、もっと評価されてもおかしくなさそうだ。

◇これは賢いかも?「母親にWifi接続のしかたを教えるスマートな方法」(らばQ)
http://labaq.com/archives/51759165.html

(tks24)