記事検索
バックナンバー

雨が降る約1時間前にお知らせしてくれる「あめふるコール」


アプリ名 あめふるコール(Ver.1.0.3)
こんなときに 雨が降るなら、その前に教えてほしい
価格 無料
配布 アールシーソリューション株式会社
URL https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rcsc.amefuru.android

降水量とともに降雨がわかる

 その日1日の天気を知りたいなら、天気予報というのは当たり前だ。3時間単位の降水確率なども分かるので、およその見通しはつけやすい。とはいえ、近年では突然大量に降って、短時間で上がるといったゲリラ豪雨に驚かされてることも多い。突然の降雨は、外出のみならず、イベントや商品の陳列に影響をあたえるため、事前に分かるならそれに超したことはない。

 突然の天候変化が気になる、という方にお勧めなのが「あめふるコール」だ。これは、株式会社ライフビジネスウェザーからの気象情報をもとにした降雨通知アプリである。指定した地点に1時間以内に雨がふると予報された場合、アラーム音とともに、発表時間と雨の強さをステータスバー、またはダイアログでお知らせしてくれる。設定情報では、通知降雨量のレベル、サーバとの通信間隔、プッシュ通知の間隔、予報地点、通知する曜日、通知する時間、通知方法、マナーモード時の通知音の設定が可能だ。

 通知降水量は、弱い雨(1〜5mm未満)、本降りの雨(5〜10mm未満)、強い雨(10〜30mm未満)、激しい雨(30〜50mm未満)、猛烈な雨(50mm以上)の5段階から指定できる。必要なレベルを設定するといいだろう。

 予報地点の登録は1カ所のみだが、位置情報機能を使った現在地の指定もできるので、出張時などしばらく滞在することがわかっているときは、設定を変更しておくといいだろう。そのほかに、動作を最小限に抑えたい方は、自身の行動に応じて通知が必要な曜日や時間帯を指定しておこう。なお、通知音の変更はできないようだが、不快な音ではない。どのようにお知らせされるかが実際の動きで確認できる「テスト通知」もできるので確認してみよう。

 通知が届くと空の様子を確認し、洗濯物の取り込んだり、外出タイミングを再考したりとかなり役に立っている。まれに降らないこともあるが、降らなければそれにこしたことはない。降雨と同時くらいのタイミングで通知が届く場合もあるが、室内にいると降雨に気づかない場合もあるので、気づいたら洗濯物がびしょぬれといった事態は防げる。相手は自然現象だ。自分のいる場所が常に測定の中心というわけではないので、あくまでも参考に考えつつ、活用しよう。

あめふるコール 通知があったとき「表示」を選択すると10分ごとの予報も見られる 設定画面
予報地点は、住所を入力するか、現在地を取得して設定する 通知してほしい降水量を指定する 通知して欲しい曜日を指定する 通知時間も指定できる。活動が昼間なら、就寝中は避けてもいいだろう



関連情報

2012/9/19 06:00


すずまり
プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。
睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。