記事検索

Windowsリカバリメディアの偽造品販売者逮捕でMSがコメント


 北海道警察本部生活経済課、同生活安全特別捜査隊、および北海道札幌方面手稲警察署は17日、オークションサイトを悪用し、「Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2対応版」のリカバリメディアの偽造品を販売していた3人を著作権法違反の疑いで逮捕した。それに関して、マイクロソフトがコメントを発表した。

 マイクロソフトでは、ソフトウェアの著作権侵害について、ユーザーへの啓蒙をはじめ、警察当局や著作権保護団体と連携し、法的措置をはじめとする各種対策を進めている。今回の件については、「日本での各種取り組み開始以来、PCメーカー製Windowsリカバリメディアの偽造品の販売者が逮捕されたのは初めて」と説明。これまで取り組んできた施策の1つの結果だとしている。

 マイクロソフトは、「今後も、このような知的財産権の侵害行為に対して、本件のような刑事告訴を視野に入れつつ、著作権保護団体や警察当局、パートナー各社と連携し、断固たる姿勢で対処していく」とコメント。なお、偽造品を誤って購入してしまったユーザーに対しては、正規のMicrosoftソフトウェアイニシアチブなどを通じて救済策を用意するという。


関連情報

(野津 誠)

2009/6/18 17:03

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.