記事検索

News2u、ニュースリリースを21日から「Tumblr」でも配信


Tumblrのページ、現在は試験運用中

 株式会社ニューズ・ツー・ユーが運営するニュースリリースポータルサイト「News2u.net」は、ミニブログ「Tumblr(タンブラー)」へのニュースリリース掲載を21日から開始する。

 「News2u.net」では、2008年7月から「Twitter」においてニュースリリースを配信している。アカウント名は「news2u」。9日現在で163人にフォローされている。21日からは、「Tumblr」でもニュースリリースの配信を開始することになった。

 「Tumblr」では、ニュースリリースのタイトルと小見出し、企業名を掲載する。タイトルをクリックすると、「News2u.net」の当該ページへアクセスする。「Tumblr」に「News2u.net」のRSSフィードを登録しているため、「News2u.net」に掲載されたニュースリリースは自動で「Tumblr」にも掲載されることになる。

 また、ニューズ・ツー・ユーは、「News2u.net」のインターフェイスをリニューアルする。トップページでは、時間帯を指定してニュースリリースを表示できるほか、カテゴリー項目の変更、最新画像の閲覧が可能になる。検索機能も強化する。ニュースリリース公開日の指定、カテゴリや地域の指定、業種、企業の所在地などで絞り込めるようになる。さらに、携帯電話向けサイト「News2u.net mobile」の正式版を公開。カテゴリー別・業種別の新着リリースや、画像の表示が可能になる。

 このほか、ニューズ・ツー・ユーでは21日から、企業向けのインターネットPR支援サービス「News2u リリース」のサービスを拡充する。従来、ニュースリリース配信は、平日で同社の営業時間内に行っていたが、今回から、ニュースリリースの登録と公開時間指定が24時間365日対応となる。これにより、イベントの開催時刻に合わせた配信や、海外に拠点のある企業の現地時間でのリリース発信、時候に合わせたリリースなども可能になる。さらに、ニューズ・ツー・ユー提携サイトごとの掲載・非掲載の選択、ニュースリリースのアクセス解析機能の強化を行う。

News2u リリースの概要 24時間365日で公開時間指定が可能に

 ニューズ・ツー・ユーは9日、「News2u.net」および「News2u リリース」のサービス拡充に関する記者発表会を開催した。神原弥奈子代表取締役は、ネットPRの重要性について説明。「企業は、インターネットによる情報流通の変化に合ったPRをしていく必要がある」とし、同社のサービスを紹介した。

 「News2u リリース」の会員企業は累計1100社で、利用企業のうち、最も多い業種はサービス系(69%)という。また、「News2u.net」については、6月末時点で、月間約360万PV、ユニークユーザー数は月間約37万人。主な利用者は、媒体関係者やビジネスパーソンという。利用企業数は累計1176社以上で、リリース掲載本数は4万7000本以上。これらのサービスは、マーケティングのツールとしても利用されているという。

 また、野間恒毅取締役(技術開発・情報システム担当)は、「News2u.net」および「News2u リリース」のサービス拡充の背景とポイントについて説明した。ユーザーのネット利用時間が増加してること、企業がWebメディアを重視していることなどを調査データで紹介したほか、オバマ米大統領のソーシャルメディア活用例や、ニュースメディアおよび企業のTwitter利用が増加していることなどを挙げた。ニュースリリースをTwitterやTumblrで配信することについては、「ソーシャルな会話やコミュニケーションの発生が、ネットPRの本質。企業情報の流通を促す場を提供する」と述べた。

ニュースメディアのTwitter利用 News2u.netのインターフェイス刷新


関連情報

(野津 誠)

2009/7/9 15:27

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.