記事検索

知財戦略本部、ネット上の著作権侵害対策について意見募集


 内閣官房の知的財産戦略本部は13日、インターネット上の著作権侵害コンテンツへの対策に対する問題点や方策などについて、一般からの意見募集を開始した。募集期間は12月11日正午まで。

 知的財産戦略推進事務局では、コンテンツ産業は日本のソフトパワーを生み出す源泉であるが、インターネットの普及に伴って著作権侵害事例が多数発生し、産業の基盤を揺るがす事態が生じていると説明。こうした問題への対応を検討するにあたって参考とすべく、インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策を行う上での、問題点や考えられる方策などの意見を募集する。

 募集内容としては、1)侵害コンテンツの迅速な削除を容易にする方法、2)権利侵害者の特定を容易にするための方策(発信者情報の開示)、3)アクセスコントロールの不正な回避を防止するための方策、4)損害賠償額の算定を容易にするための方策、5)侵害コンテンツへ誘導するリンクサイト、6)効果的な啓発活動――といった論点を挙げ、現行の対策に対する評価、現行の対策を行う上で問題となっている事例や改善策、その他の意見を求めている。


関連情報

(三柳 英樹)

2009/11/13 20:29

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.