記事検索

DNSSECの導入・普及へ、「DNSSECジャパン」設立


DNSSECジャパン会長に就く石田慶樹氏(中)、副会長に就く米谷嘉朗氏(左)と豊野剛氏(右)

 DNSSECの導入・普及に向け、「DNSSECジャパン(DNSSEC.jp)」が設立される。秋葉原で開催されている「Internet Week 2009」で24日、日本DNSオペレーターズグループ(DNSOPS.JP)代表幹事/日本インターネットエクスチェンジの石田慶樹氏が発表した。

 DNSSECは、DNSのセキュリティを高めるための方式。DNSの応答に公開鍵暗号方式による署名を付加することで、応答が正しい内容かどうかを検証できる仕組みだ。

 今回設立されたDNSSEC.jpでは、課題の整理と検討を行い、参加者の技術力の向上、ノウハウの共有促進、ツールの提供や普及のための技術解説といった対外活動などを行うことを目的とする。

 会長には石田氏、副会長には日本レジストリサービスの米谷嘉朗氏とインターネットマルチフィードの豊野剛氏が就く。

 同時に、趣旨に賛同してくれる会員を募集。詳細については、DNSSEC.jpのサイトにて公開していく。


DNSSECジャパンの目的と活動内容 DNSSECジャパンの設立時会員




関連情報


(遠山 孝)

2009/11/25 16:46

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.