記事検索

最新版「Sleipnir 2.9.2」、Windows 7新機能「Aero Peek」に対応


Sleipnir 2.9.2

 フェンリル株式会社は16日、Webブラウザ「Sleipnir」の最新版となる「Sleipnir 2.9.2」を公開した。同社Webサイトから無料でダウンロードできる。対応OSは、Windows Vista 7/XP/2000/Me/98SE/98。

 Sleipnir 2.9.2では新たに、Windows 7に搭載されている「Aero Peek」機能に対応した。これにより、Windows 7でタスクバーのアイコンにカーソルを当てると、「Sleipnir 2.9.2」で表示しているWebページをサムネイル画像で確認できる。

Sleipnir 2.9.2「Aero Peek」対応イメージ

 アドレスバーと検索バーのデザインも変更。Internet Explorerユーザー向けにシンプルで視認性を向上させたデザインを採用した。SSL認証ページの閲覧中には、アドレスバーの色を緑に変化させることで、閲覧しているページのセキュリティ対策の有無を確認しやすくした。また、Sleipnir 2.9 で実装した、Internet Explorer 8に搭載されているIE7互換表示機能を、イントラネットでも利用可能とした。

アドレスバーと検索バー。SSL認証ページの閲覧中はアドレスバーの色が緑色に変化

 このほか、起動時に開くタブが履歴として追加されていなかった不具合など、いくつかの不具合修正や不要な処理を削減。動作の高速化を図った。


関連情報

(村田 奏子)

2009/12/16 20:10

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.