記事検索

「Sleipnir 2.9」公開、IE7互換表示モード切り替えに対応


 フェンリル株式会社は15日、同社開発Webブラウザの最新バージョンとなる「Sleipnir 2.9」正式版を公開した。Windows 7/Vista/XP/2000/Me/98SE/98に対応しており、同社サイトなどから無料でダウンロードできる。


Sleipnir 2.9

 Sleipnir 2.9では、Internet Explorer 8(IE8)に搭載されているIE7互換表示に、フェンリルの独自技術で対応したとしており、IE8と同様、再起動することなくIE7互換表示モードに切り替えられるようになった。


ツールバーにIE7互換表示ボタンを設置

 また、Windows 7正式版に対応し、Windows 7の新機能であるジャンプリストに対応。カスタマイズ可能なジャンプリストをタスクバーに追加し、よくアクセスするサイトや最近閉じたタブなどを簡単に開くことができるようになった。


タスクバーからジャンプリストを表示可能

 Windows 7対応に伴い、デフォルトのスキンも新しくした。前バージョンの2.85ではボタンを多数配置したデザインだったのを、シンプルなものに一新したとしている。

 このほか、履歴検索機能を追加したほか、検索エンジンにはBing、NAVERなどを追加した。また、不具合の修正や動作の高速化も行っているという。


関連情報


(永沢 茂)

2009/10/15 11:33

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.