記事検索

Adobe Reader/Acrobatの脆弱性を修正、アップデート呼びかけ


 米Adobe Systemsは16日、PDF閲覧ソフト「Adobe Reader」とPDF閲覧・作成ソフト「Adobe Acrobat」の脆弱性を修正した最新バージョン9.3.1および8.2.1を公開した。同社は、最新バージョンにアップデートするよう呼びかけている。

 修正した脆弱性は、不正なクロスドメインリクエストが可能になるというものと、アプリケーションをクラッシュさせて、攻撃者にシステムを制御される恐れがあるというもの。危険度はいずれも、4段階で最も高い“Critical”。

 脆弱性の影響を受けるのは、Windows版、Mac版、UNIX版のAdobe Reader 9.3以前および8.2以前のバージョンと、Windows版、Mac版のAdobe Acrobat 9.3以前および8.2以前のバージョン。


関連情報

(増田 覚)

2010/2/17 12:41