記事検索

「Ustream」を5月までに日本語化、ソフトバンク孫社長がつぶやく


Ustream日本語化に関する孫社長のつぶやき

 ソフトバンクの孫正義代表取締役社長は、同社が出資する動画のライブ配信ストリーミングサービス「Ustream」について、5月までに日本語化させる考えをTwitter上で明らかにした。

 ソフトバンクでは、「Ustream」を運営する米Ustream社に対して、1月29日付で約2000万ドル(出資比率13.7%)を出資したと2月2日に発表。また、2011年7月までに株式を追加取得できるオプションをすべて行使した場合、合計出資比率は30%強となってUstream社の筆頭株主になる予定だという。

 なお、ソフトバンク広報によれば、「Ustream」に日本語化に関して「会社として準備を進めている」という。その上で「詳細は決まり次第発表する」とした。


関連情報


(村松 健至)

2010/2/18 13:55