記事検索

YouTube、3月13日でIE6のサポート終了


 YouTube18日、Internet Explorer(IE)6のサポートを3月13日をもって終了すると発表した。

 3月13日を過ぎても、IE6でYouTubeの動画を視聴することは可能だが、これ以降に追加される新機能が動作することは期待できない。そのため、新しいバージョンのブラウザーにアップデートすることを強く推奨している。


古いバージョンのブラウザーでYouTubeにアクセスすると、アップデートを促すメッセージが表示される

 影響を受けるブラウザーのバージョンは以下のようになっており、IE6以外の利用者も注意が必要だ。

 ・Internet Explorer 7.0未満のバージョン
 ・Firefox 3.0未満のバージョン
 ・Google Chrome 4.0未満のバージョン
 ・Safari 3.0未満のバージョン

 YouTubeでは、この措置がとられる理由として、サイト全体のユーザー体験を強化することに加え、同社のエンジニアが意図した通りに動画が視聴できるような環境を提供することを挙げている。

 YouTubeでは2009年中ごろから、ブラウザーが古いバージョンの利用者に対してアップデートを促すメッセージを表示してきた。3月13日の期限を過ぎてもIE6を利用するユーザーに対しては、今後も2週間おきにアップデートを促すメッセージを表示するとしている。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/2/19 11:18