記事検索

あなたのアカウントに不正アクセスの疑い、Gmailに警告機能を追加


 米Googleは24日、ユーザーのGmailアカウントへの不正アクセスがあったことが疑われる場合に、警告(アラート)を表示する機能を追加したと発表した。画面上部に不正アクセスと疑わしきアクセスがどの国からあったかを赤く表示する。そこに表示されているリンクから「このアカウントのアクティビティ」ページを表示させ、詳細情報を見ることができる。


アラート表示(Gmail公式ブログより画像転載)

 「このアカウントのアクティビティ」ページは、すでに2008年7月に開設されていた。今回、機能を強化し、不正アクセスのアラートを警告してくれるようになった。

 不正アクセスのアラートが表示されるのは、疑わしいIPアドレスからのアクセスがあった場合だ。Googleは、ユーザーが世界のどこにからアクセスしているのか知らないため、完全に正確な警告を発することはできない。しかし、物理的に大きな距離が離れていながら、数時間後に別の国からのアクセスがあった場合に、警告が表示される可能性が高いとしている。これらの国の情報はIPアドレスから大まかに割り出しているという。

 もし不正アクセスが行われた可能性が高い場合は、すぐにパスワードを変更するなどの必要な措置を取ることを勧めている。一方で、自分が旅先などからアクセスしており、それが不正アクセスではないことを「このアカウントのアクティビティ」ページで確認できた場合には、警告を無視することもできる。

 また、アラートを表示させないようにすることも可能だ。ただしこの場合、他のユーザーが不正にアラートを無効にしようとしていないことを確認するため、1週間ほどの時間がかかるとしている。


「このアカウントのアクティビティ」ページ

関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/3/25 12:08