記事検索

米国のフェアユース経済効果は4兆7000億ドル、米業界団体調べ


 コンピューターと通信業界の企業で構成される非営利団体「CCIA(Computer & Communications Industry Association)」は4月27日、「フェアユース」が米国経済にもたらす経済効果が年間4兆7000億ドルに上るというレポートを発表した。

 米国の著作権法では、著作権のある著作物を無断で使用した場合にも、公正な利用であれば著作権の侵害にはあたらないとする「フェアユース」の概念が条文として規定されている。

 レポートによれば、フェアユースの恩恵によって産業が獲得した収益は2007年だけで4兆7000億ドルに上り、2002年の3兆4000億ドルから36%増加。特にインターネット出版や放送、Web検索ポータル、Eコマース、ネットオークション分野などで成長が目立った。

 フェアユースの雇用面への影響としては、フェアユース関連産業の雇用者数が2002年の1690万人から2007年には1750万人へ増え、米国の労働者8人のうち1人に相当。また、同産業の収益は米国経済の6分の1を占めるとも指摘している。


関連情報

(増田 覚)

2010/5/6 11:18