記事検索

海外サイトに楽曲アップ、リンク設定で違法配信の男性に有罪判決


 札幌地方裁判所は10日、権利者に無断で音楽ファイルを海外のストレージサイトにアップロードし、自動リンク集サイトに音楽ファイルへのリンクを設定することで不特定多数にダウンロードさせていた男性(46歳)に対して、懲役1年・執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。同日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が明らかにした。

 男性は、リンク集サイトの無料レンタルサービス「ALINK」を利用して開設されたサイト「曲貼り精鋭達のたまり場」において、海外のストレージサイト「MediaFire」にアップロードした多数の音楽ファイルへのリンクを自ら設定し、違法配信を行っていた。JASRACが告訴し、北海道警察本部と北海道札幌方面中央警察署が3月1日に著作権法違反の疑いで逮捕していた。

 今回の事件についてJASRACは、「海外のストレージサイトに音楽ファイルをアップロードすることで違法行為を免れようとするなど、著作権侵害の確信犯であり極めて悪質な行為である」と指摘。なお、海外のストレージサイトにアップロードされたファイルへのリンク設定による違法音楽配信に関して、著作権法違反の有罪判決が出たのは初めてという。


関連情報

(増田 覚)

2010/5/11 14:22