記事検索

ソフトバンク、iPad向けに定額制コンテンツ配信〜月額450円で31誌が見放題

孫氏「iPad標準装備として楽しんでほしい」


iPad向け「ビューン」のホーム画面。画面最上部の見出しをクリックすると、該当する記事にアクセスできる
6月1日時点で「ビューン」向けに提供されるコンテンツ

 ソフトバンクグループの株式会社ビューンは、iPadやiPhone、iPod touchおよびソフトバンクの携帯電話向けに、新聞や雑誌、テレビニュースなどのコンテンツを月額の定額料金で閲覧できるサービス「ビューン」を6月1日に開始する。月額料金はiPad向けが450円、iPhone/iPod touch向けが350円、ソフトバンク携帯電話向けが315円。

 雑誌では週刊朝日やAERA(朝日新聞出版)、FRIDAY(講談社)、CanCam(小学館)、週刊ダイヤモンド(ダイヤモンド社)など、新聞ではスポーツニッポン(スポーツニッポン社)や毎日新聞(毎日新聞社)、西日本新聞(西日本新聞社)、動画では日テレ NEWS 24(日本テレビ放送網)など、合計21社31コンテンツをすべて月額料金内で閲覧できる。

 iPad向けのサービスでは、毎日新聞、西日本新聞、スポーツニッポンの3紙が「ビューン」限定の特別編集版を配信する。また、雑誌コンテンツの大半は、発売日当日より主要記事から順次配信され、すべての対応端末で誌面そのままのレイアウトで閲覧できる。このほか、ニュース番組「日テレ NEWS 24」では、動画とテキストで視聴することが可能。

 なお、配信される記事の分量は雑誌によって異なるが、最終的に閲覧できる分量は5割近くになる見込みだという。また、コンテンツの閲覧期間は雑誌や新聞、テレビごとに異なり、例えば、新聞は数日間、雑誌は1週間など、各社が決めた期間のみ閲覧できる。今後は、過去のコンテンツを閲覧できるバックナンバー機能にも対応するという。

 iPad、iPhone、iPod touchで「ビューン」を利用するには、無料のコンテンツ閲覧アプリ「ビューン」をApp Storeからダウンロードする必要がある。ソフトバンク携帯電話向けサービスは、ソフトバンク携帯電話取扱店などから申し込める。コンテンツを閲覧するには、3G回線もしくはWi-Fi回線への接続が必要。

 iPad、iPhone、iPod touch向けのサービスは、アプリの利用開始から30日間、ソフトバンク携帯電話向けのサービスは、利用開始から1カ月間、無料で利用できる。

 課金については、iPad、iPhone、iPod touch向けのサービスはiTunes株式会社が、ソフトバンク携帯電話向けのサービスはソフトバンクモバイルが決済窓口となる。なお、iPadやiPhone、iPod touch、ソフトバンク携帯電話など種類が異なる端末、もしくは同じ種類の端末でも2台以上で利用するには、別途サービスの契約が必要となる。

誌面そのままで雑誌が読める 見開きページにも対応する
目次から読みたい記事へアクセスできる 中刷り広告のように各メディアの見どころを紹介するページも用意されている
ニュース番組の動画はフル画面に対応している 新聞はiPad用に読みやすく編集されている

孫氏「iPadの標準装備として楽しんでもらいたい」

ソフトバンクグループ代表の孫正義氏
株式会社ビューン代表取締役社長の蓮実一隆氏

 5月31日に開かれた会見には、「iPadなしの生活は考えられない」というソフトバンクグループ代表の孫正義氏が登壇し、「(iPad向けに)日本で唯一足りないと言われているコンテンツが雑誌や書籍。そこで今回、ビューンを発表した」とサービス開始の経緯を説明した。

 孫氏は、iPadでは新聞や雑誌、テレビ番組などの31コンテンツが、月額450円で“見放題”であることを強調。「既存の類似サービスもいくつかあるが、これだけコンテンツがフルにそろって、見やすく、買いやすいという意味では、多くのiPadユーザーに標準装備として楽しんでもらいたい」と呼びかけた。

 株式会社ビューン代表取締役社長の蓮実一隆氏は、「iPadを横にすれば雑誌ならではの見開きページを快適に閲覧できる。目次から読みたい記事へアクセスしたり、ニュース番組の動画をフル画面で視聴することも可能」と述べ、「ビューン」がiPad向けに最適化されたサービスであることをアピールした。

 月額利用料は雑誌1冊分に近い金額に設定されているが、「コンテンツ提供会社は採算度外視ではなく、ビジネスになると判断している」(蓮実氏)。採算分岐点となるユーザー数は「1〜2万人というレベルよりは大きなサービスにしたい」というが、具体的なユーザー数は明かさなかった。なお、「ビューン」で獲得した収益は、コンテンツの閲覧数に応じてコンテンツ提供会社と分配する。収益の分配率は非公表。

 なお、株式会社ビューンは、情報端末向けのコンテンツ配信を手がけるソフトバンクグループの会社として2010年3月に設立された。蓮実氏によれば、「文字通り“ビューン”という勢いで、メディアのコンテンツをユーザーに届けたいという思いから命名した」という。

会見ではiPadによる展示も行われた ホーム画面は横向きにも対応する
スポーツニッポンが提供するiPad向け特別編集版の記事 日本テレビが提供する「日テレ NEWS 24」

関連情報

(増田 覚)

2010/5/31 14:37