記事検索

「Google Chrome」の最新安定版「5.0.375.70」公開、複数の脆弱性を修正


 米Googleは8日、同社開発によるWebブラウザー「Google Chrome」の最新安定版となるバージョン「5.0.375.70」を公開した。Windows版、Mac版、Linux版がある。

 このバージョンでは、計11件の脆弱性を修正した。これらの脆弱性は、攻撃者に任意のコードを実行される恐れのあるものや、XSS攻撃、情報漏えいにつながるものなどだ。なお、このうち1件はLinuxのみに影響するもので、Linuxのサンドボックスを回避される脆弱性だという。


Google Chrome 5.0.375.70(Windows版)




関連情報


(永沢 茂)

2010/6/10 13:28