記事検索

バッファロー、電源コンセントに直差しできる無線LANブリッジの姉妹品


 株式会社バッファローは、無線LAN製品「AirStation NFINITI」シリーズの新製品として、IEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LANブリッジ「WLAE-AG300N」を8月下旬に発売する。希望小売価格は7400円(税別)。

 「WLAE-AG300N」は、本体サイズが72×103×41mm(幅×高さ×奥行)、重さが約155g。同梱するアタッチメント式プラグを使うことで、壁の電源コンセントなどに本体を直接差し込めるため、電源ケーブル不要ですっきりと設置できるのが特徴。電源ケーブルも付属しており、据え置きや壁掛け設置も可能だ。

 100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANポートを2ポート装備。ここにブロードバンドルーターなどを接続すると、「WLAE-AG300N」が無線LAN親機として作動する。

 一方、すでに無線LANがある環境では、「WLAE-AG300N」を無線LAN子機として利用でき、有線LANポートにPCやデジタル家電などを2台まで接続して無線LAN化できる。なお、「WLAE-AG300N」が親機として稼働している環境、またはバッファローの無線LAN製品「AirStation」シリーズがAOSSによる暗号化設定で稼働している環境では、本体にあるAOSSボタンを押すだけで簡単に子機として接続可能だ。手動設定も行える。

 親機、子機のほか、電波が届きにくい場所への中継機としても「WLAE-AG300N」を使用できる。

 無線LANの周波数帯は、2.4GHz(11b/g/n)または5GHz(11a/n)を選択可能。暗号化方式としては、WPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WPA/WPA2 mixed PSK、WEP(128bit/64bit)に対応しており、AES/TKIP/WEPの混在も可能だ。


 なお、バッファローでは先週、姉妹品にあたる「WLAE-AG300N/V」(希望小売価格7900円、税別)と、これを2台セットにした「WLAE-AG300N/V2」(1万4600円、税別)を8月上旬に発売することを発表していた。バッファローによると、今回発表した「WLAE-AG300N」も、ハードウェアとしての仕様は同じであり、同梱するマニュアルが異なる程度だとしている。

 2台セットの「WLAE-AG300N/V2」では、無線LAN設定をあらかじめペアになるように設定して出荷し、電源を入れれば、親機・子機といった区別や無線チャンネル、セキュリティの設定など不要で接続される点をセールスポイントとしていた。デジタルテレビやBlu-rayレコーダーなどを簡単に無線LAN化できる、デジタル家電向けパッケージという位置付けだ。

 これに対して今回の「WLAE-AG300N」は、通常のPC周辺機器パッケージの位置付け。家電向けの「WLAE-AG300N/V」よりも、希望小売価格で500円安く設定されている。


関連情報


(永沢 茂)

2010/6/17 13:35