記事検索

MS、ウェブとアプリのデザイン製品「Expression 4」日本語版を提供開始


「Expression Studio 4 Ultimate」のパッケージ

 マイクロソフト株式会社は21日、ウェブサイトやデスクトップアプリケーションの制作用デザインツールセット「Expression Studio 4」日本語版の提供を開始した。同日よりMSDNの会員向けに提供を開始し、企業向けボリュームライセンスを8月2日に、パッケージ製品を9月3日に発売する。また、60日間無料で使える試用版の提供も開始した。

 「Expression Studio 4」は、ウェブページやウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーションのユーザーインターフェイスやデザイン制作を総合的にサポートするツール群。製品は、アプリケーションUIデザインツールの「Expression Blend 4」、ウェブオーサリングツールの「Expression Web 4」、動画エンコーダーの「Expression Encoder 4 Pro」、グラフィックツールの「Expression Design 4」の4つの個別製品から構成される。

 パッケージ製品としては、4製品がすべて含まれる「Ultimate」と、Blend以外の3製品が含まれる「Professional」を発売する。参考価格は、Ultimateの通常版が7万9590円、アップグレード版が4万5990円。Web Professionalの通常版が1万9740円、アップグレード版が1万290円。「Expression 3」のライセンスを保有しているユーザーは、Expression 4の試用版またはボリュームライセンスの製品版をダウンロードし、無償で正規ライセンスにコンバートすることが可能。

 このほか、「Expression Encoder 4 Pro」については、単体製品としてもダウンロード販売およびボリュームライセンス提供を行う。また、MSDNの会員向けには、「Visual Studio 2010」のエディションと合わせる形で、一部機能が制限された「Premium」エディションを提供する。

 ウェブサイト制作用の「Expression Web 4」では、HTMLやJavaScript、CSSを利用して、パネルやダイアログボックスなどExpression Blendの機能を拡張するアドイン機能を追加。複数のブラウザーでどのようにページが描画されるかをチェックできる「SuperPreview」機能では、Internet Explorer 8/7/6、Firefox、Safariに対応。Safariでのプレビューはクラウド上のMacから描画結果を参照する仕組みとなっており、現時点ではベータサービスだが、今後Safari以外のブラウザーもこの仕組みで対応する予定だという。

Expression Web 4ではアドインによる拡張に対応 複数ブラウザーでの描画をチェックできる「SuperPreview」

 アプリケーション制作用の「Expression Blend 4」では、Sliverlight 4とWPF 4に対応。アプリケーションのプロトタイプ(モックアップ)が簡単に作成できるSketchFlow機能を強化したほか、パスレイアウトやPhotoshopからのインポートの向上などグラフィックおよびレイアウト機能を強化。マルチタッチへの対応など、インタラクティブ関連の機能も強化した。

アプリケーションのプロトタイプを作成できるSketchFlow機能 パスレイアウトにも対応

 動画エンコーダーの「Expression Encoder 4 Pro」では、動画トランスコード、Silverlight、ライブブロードキャストと目的に応じたプロジェクトが選択可能となり、生中継用のLive SmoothStreamingブロードキャスト関連の機能を強化。Silverlight DRMへの対応や、スクリーンキャプチャー機能の向上などを行った。

トランスコード、Silverlight、ライブブロードキャストと用途に応じてプロジェクトを選べるようになった ライブブロードキャストの画面

 グラフィックツールの「Expression Design 4」では、Silverlight 4およびWPF 4に対応。作業内容に合わせて最適なレイアウトをテンプレートして複数保存できるようになったほか、Windowsメタファイル(WMF/EMF)のインポートに対応した。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/7/21 14:32