記事検索

イデアクロス、フェリカリーダー搭載のAndroidサイネージ端末「NEXTOUCH」


NEXTOUCH

 イデアクロス株式会社は、店頭でのデジタルサイネージ用途などを想定し、大型マルチタッチディスプレイにフェリカのリーダーライターを搭載したAndroid端末「NEXTOUCH(ネクスタッチ)」を8月20日に発売する。価格は発売時に公表するとしているが、6万円以下に抑える予定。

 「NEXTOUCH」は、10.1インチのマルチタッチディスプレイに、フェリカのリーダーライターを搭載したAndroid端末。LAN接続やWiFi接続が可能なほか、アクセスポイントとなる無線ルーター機能を搭載する。

 当初発売する端末はノンバッテリータイプで、店舗や施設内などでのデジタルサイネージとしての用途を想定。NEXTOUCHへの動画広告などの配信や、NEXTOUCHを公衆無線LANのアクセスポイントとして利用した広告配信のほか、「GROUPON」のようなNEXTOUCH設置店専用のサービスサイトから携帯電話に割引クーポンを配布し、NEXTOUCHのフェリカリーダーで読み取るといったサービスを提供する。

 イデアクロスでは、2011年1月には次期モデルとしてNEXTOUCHにバッテリーを搭載した「NEXTOUCH-i」と、裸眼3D対応の「NEXTOUCH-i3D」を発表する予定としている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/8/3 16:01