記事検索

メルアド宅配便、差出人情報の都度入力が不要な事前エントリー機能


 ソフトバンク・フレームワークス株式会社は20日、受取人のメールアドレスまたはTwitter IDを入力するだけで、互いに氏名や住所を明かさずに荷物が送れる「メルアド宅配便」において、「らくらく事前エントリー」機能を追加した。

 所定のエントリーフォームから差出人の氏名、住所、電話番号、メールアドレスおよびパスワードを事前に登録することで、メルアド宅配便の利用時にメールアドレスとパスワードを入力するだけで、差出人情報を反映できる。

 差出人情報を利用するごとに入力する必要がなくなるため、荷物を複数回発送したり、同時に複数の品物を発送する機会の多いオークションユーザーなどの利便性が向上するとしている。

 ソフトバンク・フレームワークでは、9月10日までに「らくらく事前エントリー」の登録をした先着1万人のユーザーを対象に、初回に限り99円でメルアド宅配便を利用できるキャンペーンを実施する。優待料金が適用されるのは9月20日まで。通常料金は990円。


関連情報

(増田 覚)

2010/8/20 06:00