記事検索

参院選で「Yahoo!みんなの政治」訪問者が急増、ネットレイティングス調べ


 ネットレイティングス株式会社は31日、参議院選挙の影響により「Yahoo!みんなの政治」のサイト訪問者数が倍増し、414万人に達したと発表した。「Yahoo!みんなの政治」は、衆議院選挙があった昨年8月にも、前月比4倍以上となる461万人が訪問していた。

 政権交代となった衆議院選挙の際には、公式サイトの訪問者数を見ると、与党となった民主党は154万人に、自民党は107万人に達したが、今回の参議院選挙では政党サイトへの訪問は大きく伸びず、いずれも50万人前後にとどまった。

Yahoo!みんなの政治、民主党、自民党公式サイトの訪問者数推移(2009年7月〜2010年7月、家庭と職場のPCからのアクセス)

 ネットレイティングスによれば、「Yahoo!みんなの政治」の訪問者数が増加したのは、選挙特設コンテンツの人気が主な理由。昨年の衆議院選挙では377万人、今回の参議院選挙では350万人が訪問していたという。

 特設コンテンツの人気ページを見ると、衆議院選挙の際には、政党名を伏せた状態でマニフェストを比較することで、自らの考えに近い政党を見極められる「マニフェストマッチ」が上位にランクインしたが、参議院選挙では「当選・当確者一覧」や「候補者情報」などが上位となり、マニフェスト関連のコンテンツはトップ10圏外となった。

選挙特設コンテンツ(senkyo.yahoo.co.jp)の人気ページトップ10(2009年8月、2010年7月、家庭と職場のPCからのアクセス)

 ネットレイティングスでシニアアナリストを務める鈴木成典氏は、「マニフェストは『Yahoo!みんなの政治』の人気ページでも関連コンテンツが上位になるなど、衆議院選挙では注目が高かった。一方、今回の参議院選挙ではそのような様子が見られず、前回の衆議院選挙に比べて、マニフェストへの関心は低かったようだ」と述べている。


関連情報

(増田 覚)

2010/8/31 15:57