記事検索

Six ApartをVideoEggが買収・合併へ、日本法人は既存事業継続


 広告配信事業を手がける米VideoEggは22日、米Six Apartを買収することで合意したと発表した。年内をめどに両社を合併し、ソーシャル時代に対応したメディア企業「SAY Media」を設立する。VideoEggの技術とSix Apartのプラットフォームを組み合わせて、世界3億4500万ユーザーにリーチ可能なメディア事業を展開するという。

 Six Apartの日本法人であるシックス・アパート株式会社は、SAY Mediaの100%子会社になるが、社名変更はせず、既存事業を継続していくと発表した。「MovableType」「TypePad」「zenback」などの製品・サービスの開発・販売・サポートは、今回の合併で影響を受けることはないという。Movable Typeの開発については2009年からは日本法人が主体となって日米欧のユーザーに製品供給しているとしており、今後の開発・販売体制に変更はないとしている。

 なお、SAY Mediaの主力事業となるメディア事業は、シックス・アパート日本法人では6月から「sazanami」という名称で本格的にサービスを提供しているものだという。今後、SAY Mediaの技術などを取り入れ、日本・アジア市場での展開を拡大していく。


関連情報


(永沢 茂)

2010/9/24 12:12