記事検索

米Googleが「Google TV」紹介サイトを公開、対応機器は10月中に発表予定


「Google TV」の紹介サイト

 米Googleは4日、テレビ向けプラットフォーム「Google TV」を紹介する専用サイトを開設し、コンテンツやサービスを提供する企業を明らかにした。

 「Google TV」は、ウェブコンテンツをテレビに持ち込むとともに、テレビ自体の視聴体験も改良することを目的として、Googleが2010年5月にカンファレンス「Google I/O」で発表したプラットフォーム。Intel、Sony、Logitech、BestBuy、DISH Network、Adobeなどが支持を表明しており、10月中にはSonyが「Google TV」に対応するテレビとブルーレイディスクプレーヤーを、Logitechがセットトップボックス(STB)を発表する予定としている。

 「Google TV」の専用サイトでは、テレビ画面にオーバーレイ表示する形で検索ボックスを表示し、テレビ番組やウェブサイトを一括して検索できる機能や、Android向けアプリの動作、スマートフォンとの連携機能、衛星放送やデジタルレコーダーとの連携機能などを紹介している。

 Google TV向けのコンテンツとしては、米Tuner Broadcasting傘下のCNN、TBS、TNT、Cartoon Network、Adult Swimや、三大ネットワークの1つである米NBC、ケーブルテレビネットワーク大手のHBO、スポーツ分野ではNBAなどが、それぞれコンテンツを提供すると説明。ビデオオンデマンドサービスも、AmazonとNetflixが提供する。また、多数の企業がGoogle TV向けのサイトやアプリケーションを提供するとしており、New York TimesやUSA Today、Twitter、YouTubeなどの名前が挙げられている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/10/5 16:26