記事検索

米モトローラ子会社、iPhoneなど特許侵害でアップルを提訴


 米モトローラ携帯電話部門で子会社のMotorola Mobilityは、アップルのiPhoneやiPadなど複数の製品がモトローラの保有する18の特許を侵害しているとして、6日提訴した。

 米モトローラは、米国際貿易委員会(ITC)、イリノイ州北部裁判所、フロリダ州の南部裁判所に対して、18の特許を含む3件の申し立てを行った。同社によると、アップルの主力製品とサービスの多くに特許侵害が確認されており、MobileMeやApp Storeに関するものも含まれるという。これらはいずれもモトローラによって早期に開発されたイノベーションであるとしている。

 なお、モトローラの特許は、W-CDMAやGPRS、IEEE 802.11、アンテナ設計などの無線通信技術が含まれる。また、メールや近接センサ(Proximity sensing)、ソフトウェア管理技術や、位置情報関連、複数デバイスの同期技術といったスマートフォンの鍵となる技術なども含まれているという。

 Motorola Mobilityでは米国際貿易委員会に対し、アップルの特許侵害に関する調査を求めるとともに、該当製品の輸入禁止、国内在庫の販売差し止め、販売促進および広告の禁止などを含む排除命令を要求している。また地方裁判所では、アップルに対して、モトローラが保有する特許技術の利用停止、およびこれまでの特許侵害に関する損害賠償を求めている。

 なお、Motorola Mobilityの知的財産部門の副社長であるKirk Dailey氏は、「アップルが通信市場に遅れて参入した後、我々は長期にわたって交渉を続けてきたが、アップルはライセンスの取得を拒否した。我々は、アップルの継続的な特許侵害を止めるために告訴に踏み切らざるをえなかった」などとコメントしている。


関連情報

(津田 啓夢)

2010/10/7 18:45