記事検索

2009年度の恋愛シミュレーションゲーム市場は86億円、YRIがオタク市場調査


 株式会社矢野経済研究所(YRI)は、オタク市場に関する調査レポートを発刊した。分野別に見ると、恋愛シミュレーションゲームや電子コミック、オンラインゲームなどが市場規模を拡大しているという。

 2009年度の恋愛シミュレーションゲーム市場規模は86億円で、前年度比83.0%の増加。「ラブプラス」の人気や、女性向けモバイルゲームのユーザー増加で拡大傾向にあるとしており、さらに2010年度には102億円に増加すると予測している。

 電子コミック市場は2009年度が422億円(前年度比29.8%増)で、さらに2010年度には500億円に増加すると予測。ブロードバンドの普及や端末の高機能化、携帯電話向けコンテンツの手軽さから市場拡大が続くとしている。

 オンラインゲーム市場は2009年度が2131億円(前年度比17.2%増)で、2010年度は2448億円の予測。ソーシャルゲームによりライトユーザーを取り込んでいるという。

 調査は7〜9月、アニメやコミック、同人誌、プラモデル、フィギュア、ドール、鉄道模型、アイドル、コスプレ衣装、メイド・コスプレ関連サービス、オンラインゲーム、アダルトゲーム、アダルトビデオ・DVD、恋愛シミュレーションゲーム、ボーイズラブを扱う事業者・業界団体を対象に面談や電話によるヒアリングなどで実施した。調査レポートは「オタク市場徹底研究2010」として、10万5000円で販売する(A4判・491ページ)。


関連情報


(永沢 茂)

2010/10/15 18:20