Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

コスプレ衣装市場は360億円、「オタクカルチャー」定着進む


 矢野経済研究所は10日、2007年度の「オタク市場」に関する調査結果を発表した。電子コミックや同人誌、フィギュア、コスプレ衣装などの市場が拡大するなど、「オタクカルチャー」のメジャー化と定着が進んでいるという。

 同調査におけるオタク市場とは、一定数のコアユーザー数があり、「オタクの聖地」である秋葉原などで扱われることが多いコンテンツおよび関連コンテンツを指している。調査は2008年7月から10月まで、事業者および業界団体に直接面談したほか、電話・FAXでヒアリングを実施。市場規模は、国内出荷ベース(メイド・コスプレ関連サービスは国内売上高ベース)、アイドル市場のみユーザー消費金額ベースで算出した。

 電子コミックの市場規模は250億円で、前年度比147.5%増と大幅に増えた。同社では、携帯電話の画面の大型化やコンテンツの読み込み速度の向上など、ストレスなくコミックを読める環境が整った結果、携帯電話向けのコンテンツ配信や配信作品数が増えたことが、市場規模の拡大に貢献したと分析している。

 次いで伸びが大きかったのは同人誌市場で、前年度比13.5%増の553億円。「元ネタ」となるアニメーション市場は成熟し、コミック市場(紙媒体のみ)は縮小傾向にある一方で、同人誌市場は「コミックマーケット」を始めとする同人誌即売会の認知度が高まり、「オタク層」にとどまらないライトユーザーの参入で拡大傾向が続いているという。

 フィギュア市場も、「一部のマニア=オタクが好むもの」というイメージが薄れ、一般的に浸透してきたことなどにより、前年度比8.3%増の260億円。また、コスプレ衣装市場も、一般に認知される趣味となりつつあることに伴い、コスプレ愛好者やコスプレイベントが増えてきたことから、前年度比6.8%増の360億円に上った。

 このほか、鉄道模型市場は、団塊の世代の愛好者が退職で自由に使える時間が増えたことによるコアユーザー化や、近年の鉄道ブームなどにより、前年度比5.6%増の152億円に達した。

 前年度比で市場が縮小したのは、モデルガンやエアソフトガンを含むトイガン市場が8.6%減の53億円、アイドル市場が4.7%減の505億円、メイド・コスプレ関連サービス市場が18.6%減の105億円、アダルトゲーム市場が2.8%減の341億円、アダルトビデオ市場が7.0%減の615億円。

 矢野経済研究所では、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、秋葉原の「オタクの聖地化」が始まったことに伴い、「オタク市場」が急激に拡大していると指摘。今後も、市場規模は拡大傾向にあると予測する。その一方で、「オタクコンテンツ」のメジャー化・一般化が進み、市場が飽和しつつあることから、拡大幅は次第に減少すると見ている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://www.yano.co.jp/press/pdf/410.pdf

関連記事
「“オタク像”は5タイプに分類できる」〜NRIマニア消費者層調査(2005/10/06)


( 増田 覚 )
2008/11/10 14:19

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.