記事検索

レコード会社7社、「LimeWire」「Cabos」ユーザー10人の情報開示を請求


 一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)は27日、協会会員のレコード会社7社が25日までに、Gnutellaネットワークを利用して権利者に無断で音楽ファイルを公開していた10人について、氏名などの情報開示を7社のISPに対して請求したと発表した。

 RIAJによれば、10人はGnutellaネットワークに接続するファイル共有ソフト「LimeWire」や「Cabos」を利用し、レコード会社が持つ著作隣接権(送信可能化権)を侵害していたとして、プロバイダー責任制限法第4条第1項に基づき情報開示を求めたもの。

 RIAJでは、8月にも同様にレコード会社10社が、Gnutellaネットワークを利用して送信可能化権を侵害しているとして、10社のISPに対して14人の情報開示請求を行っており、既に2社から2人の情報開示を受けていると説明。また、RIAJも参加する「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」では、Winnyを利用して音楽ファイルなどをアップロードしているユーザーに対して、10月12日までに764通の注意喚起メールを送信しており、今後もこうした活動に取り組んでいくとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/10/27 17:51