記事検索

米グルーポンCEO、おせち問題の謝罪ビデオをYouTubeで公開


 グルーポン・ジャパン株式会社は17日、クーポン共同購入サイト「グルーポン」で提供した正月向けのおせちクーポンで、配送の遅延や説明と異なる商品が配送されるといった問題を起こしたことについて、米本社CEOのアンドリュー・メイソン氏によるお詫びメッセージを公開した。

 メイソン氏は、「グルーポン全社員とともに私も大変申し訳なく思い、この場を借りてお詫びしたく存じます」と今回の事態を謝罪。「私がグルーポンを始めたきっかけはご近所のお店を発見、体験していただき人々を幸せにするためです。その理念に反するサービスを提供したことは心が痛みます」として、今回のおせち購入者には謝罪メールと謝罪の電話、全額返金と5000円分のギフトをお詫びとして渡したが、このお詫びで終わらせるつもりはなく、グルーポンの信頼を回復できるような体制を作るとともに、今後同じ過ちを犯さないよう徹底するとしている。

 米国のグルーポンは開始から2年が経過しており、その中ではユーザーが満足できないクーポンを提供してしまう店舗とのビジネス経験があったという。そうした経験からは、店舗が許容量以上のクーポンを提供することを未然に防ぐため、クーポンの上限枚数をグルーポンが店舗と一緒に検討することを実施してきたが、グルーポン・ジャパンは成長が急速だったため徹底できておらず、今回のような問題を招いてしまったと説明。同じ過ちを繰り返さないために、グルーポン・ジャパンだけではなくこれからグルーポンを展開する全ての地域で、営業全てにこの考え方を徹底させるとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/1/17 18:43