記事検索

Facebook、外部サイトからの住所と携帯電話番号へのアクセス機能を一時停止


 米Facebookは17日、外部のサイトやアプリケーションがFacebookユーザーの住所と携帯電話番号を入手できるようにした新機能を一時停止したことを明らかにした。

 Facebookでは、外部のアプリケーションがユーザーの許諾を得てアクセスできるFacebook内のデータとして、ユーザーの住所と携帯電話番号を追加する措置を14日に実施。これに対して、セキュリティ企業のSophosなどから悪用の危険性が指摘されていた。

 Facebookでは、今回の変更はショッピングサイトなどで買い物をする際などにFacebookアカウントと連携することで、手続きが簡単になるなどのメリットがあると説明。一方で、ユーザーにはアクセスを許可するデータをより明確に認識させるべきだという意見には同意するとして、そのための変更を行うまでの間、住所と携帯電話番号へのアクセス機能を一時的に停止するとした。Facebookでは現在作業を進めており、今後数週間で機能を再開したいとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/1/19 14:01