記事検索

国会図書館でInternet Archive創設者が講演会、3月24日に


 国立国会図書館は、非営利デジタル図書館の米Internet Archiveの創設者であるブリュースター・ケール氏を招き、3月24日に講演会を開催する。

 Internet Archiveは、ウェブサイト、動画、音声などのデジタルアーカイブ化を進めている非営利団体。日本では、過去のホームページを閲覧できる「Wayback Machine」などが知られている。

 講演でケール氏は、「あらゆる知識へのユニバーサルアクセス」をテーマに掲げ、開かれた情報アクセスの現状と将来について語るという。講演後は国立国会図書館長の長尾真氏、愛知大学教授の時実象一氏との鼎談も行われる。

 開催日時は3月24日14時から17時まで。会場は国会図書館の東京本館新館講堂。定員は先着300人で参加費は無料。日米同時通訳付き。


関連情報

(増田 覚)

2011/2/21 06:00