記事検索

米スマートフォン市場のOS別シェア、Androidが初めてトップに


 米comScoreは7日、米国におけるモバイル市場の調査結果を発表した。スマートフォン市場のOS別シェアでは、AndroidがBlackBerryを抜いて初めて首位に立った。

 調査結果は、2010年11月〜2011年1月の3カ月平均によるもの。米国におけるスマートフォン市場のOS別シェアは、1位がGoogle(Android)の31.2%、2位がRIM(BlackBerry)の30.4%、3位がApple(iOS)の24.7%、4位がMicrosoft(Windows Mobile)の8.0%、5位がPalm(Palm OS)の3.2%。

 comScoreの調査では、Androidは2カ月前にiOSを抜いてシェア2位になったばかりだが、さらにBlackBerryを抜いて初の首位となった。

 米国でのスマートフォン全体の保有台数は6580万台で、3カ月前の調査から8%増加。携帯電話全体の保有台数は2億3400万台。端末のメーカー別シェアは、1位がSamsungの24.9%、2位がLGの20.8%、3位がMotorolaの16.5%、4位がRIMの8.6%、5位がAppleの7.0%。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/3/8 19:00