記事検索

Mozilla、「Firefox 4 for Android」を公開


Firefox 4 for Android

 米Mozillaは29日、Android版ブラウザー「Firefox 4 for Android」を、日本語を含む10以上の言語で公開した。Android Marketから無料でダウンロードできる。

 対応OSはAndroid 2.0以上で、17MBの空き領域あるいはSDストレージ、512MBのRAMが必要要件だ。Mozillaが対応機種として公開しているのは、国内ではNTTドコモがGalaxy S/Tab、Xperia X10、auがEVO 4G、Xoom、IS03、ソフトバンクモバイルがDell Streak、Desire、Desire HDとなっている。対応機種は随時追加するが、公式ページに掲載されていない機種で完全動作は保証しないとしている。

 Firefox 4 for Androidは、コードネーム「Fennec」として知られていた携帯端末向けブラウザーで、ベータ版、リリース候補版を経て今回の正式公開となった。

 Mozillaでは、Androidのデフォルトブラウザーよりも「約3倍高速だ」と説明。JavaScriptエンジンにはSpiderMonkeyを採用し、Tracemonkey JIT、JagerMonkey(イエーガーモンキー)JITを搭載することで、起動やページ読み込み、ウェブアプリケーション実行などあらゆる動作が高速化されているという。

 ユーザーインターフェイス面では、画面をできるだけ広く使用するため、普段はタブ、ブックマーク、ブラウザー設定機能などが画面から隠れている。デスクトップ版Firefoxとの同期機能「Firefox Sync」により、デスクトップ版と同じブックマークや履歴、パスワード、開いているタブを利用できるため、文字入力を最小限にできる点も特徴としている。

画面を右にフリックするとタブが表示される 左にフリックするとナビゲートボタンなどが表示される

 また、カスタマイズが容易にできることも大きな特徴だ。デスクトップ版と同様に、Firefox 4 for Androidにもアドオンをインストールすることで、自分好みにカスタマイズができる。開発者に対しては、既存のデスクトップ用アドオンをモバイル用に最適化することも容易だと説明している。

ブックマークや履歴はデスクトップ版Firefoxと同期が可能 アドオンをインストールすることでカスタマイズも可能

 さらにデスクトップ版のFirefox 4と同じく、HTML5の一部機能にも対応。これにより位置情報通知機能やオフラインストレージなどを利用できる。対応しているウェブアプリケーションであれば、地図表示や道順検索等を便利に利用できるほか、ネット接続できない状況でも、ウェブアプリケーションを利用できることもある。

 また、表示しているページをPDFとして保存できる機能により、検索結果画面や地図の道順など、参照しておきたい情報をその場でPDF化して、オフラインで閲覧することも可能。グラフィックエンジンの改良により文字の表示品質を向上させ、和文フォントを含むテキストがより印刷物に近い可読性を実現している。

 なお、現時点でAndroid版Firefox 4はFlashプラグインには対応していない。また、iPhone版のFirefoxについては、「プラットフォームや配布に関する制約があるため」今のところ開発の予定は無いとしており、iPhone向けにはFirefoxのブックマークや履歴などを同期できる無料アプリ「Firefox Home」を提供している。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/3/30 12:18