記事検索

自粛気運で震災以外のツイートが減少、BIGLOBE調べ


 NECビッグローブ株式会社(BIGLOBE)は6日、3月のTwitter利用動向を発表した。震災関連のツイートが増加する一方で、震災の情報伝達を優先しようという配慮や自粛気運から、震災以外のツイートが減少したという。国内の総ツイート数は3億8744万件で、2月の3億8533万件と比べて微増した。

 ツイートされたワードのランキングでは、毎月1位となる「地震」をはじめ、上位50位中49件が「被災地」や「停電」などの震災関連。25位には「ヤシマ作戦」がランクインし、節電への協力を呼びかける声が広がっていたことがわかる。震災関連以外では43位に「CM」がランクインしたが、これは震災により一般企業からのCMが控えられ、公共広告機構のCMが大量に流れたことも影響したと見られる。

 また、通常はアニメやテレビ・ラジオ番組でにぎわうハッシュタグのランキングでも「#jishin」が1位だった。

 日別の集計では、3月11日から19日の8日間はトップ10を震災関連のワードが占めたが、19日〜21日の3連休にはテレビで劇場版が放送された「ONEPIECE」や、ドキュメンタリーが放送された「ジブリ」など、震災以外のワードもランクイン。

 11日以降、震災関連以外のワードでトップとなったのは、29日の「カズ/サッカー/カズダンス」だった。29日には東日本大震災の復興を支援するサッカーのチャリティーマッチが開かれ、三浦知良選手がゴールを決めていた。

 利用動向は、BIGLOBEの「ツイッターデータ分析サービス」基盤を活用したもの。BIGLOBEのTwitter利用者向けの情報サイト「ついっぷるトレンド」では、ツイートに含まれる単語の出現頻度の上昇具合などをもとに、日本のTwitter利用者の話題度ランキングを発表している。


関連情報


(増田 覚)

2011/4/6 17:55