記事検索

センドメール、迷惑メール対策「SPF」の設定確認ツールを無償公開


 センドメール株式会社は16日、迷惑メール対策として、送信ドメイン認証技術「SPF(Sender Policy Frameworks)」の設定を確認できる「SPFレコードチェックツール」を公開した。利用は無料。センドメールのウェブサイトにアクセスし、チェックしたいメール送信元のIPアドレスとメールヘッダーを入力すると、認証結果が得られる。

 SPFは、メールが正しいサーバーから送信されているかを確認する送信ドメイン認証技術の1つ。メールを送信する側が、DNSサーバーにメールの送信を行うサーバーのIPアドレスをあらかじめ記載しておき、メールを受信した側は送信元メールアドレスのドメイン名からDNSを参照し、正しいメールサーバーから送信されているかを確認する。

 センドメールは、SPFレコードチェックツールのiPhone向けアプリ「Sendmail IP Info.」も5月1日に公開した。今後は、SPFと並ぶもう1つのドメイン認証技術である「DKIM(Domain Keys Identified Mail)」用ツールを公開するほか、Android向けアプリも提供する予定。


関連情報


(増田 覚)

2011/5/16 17:33