記事検索

MSバルマーCEOが講演、Windows Phoneについて「明日大きな発表」


スティーブ・バルマーCEO

 日本マイクロソフト株式会社は23日、開発者を対象としたイベント「Microsoft Developer Forum 2011」を、東京・品川の品川インターシティホールで開催した。

 イベントの冒頭には、米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOが登壇し、講演を行った。バルマー氏は、東日本大震災の被災者に対して哀悼の意を表し、これまでマイクロソフトでも3000台のPCの貸与や義援金の提供などを行ってきたが、「今後もさらにあらゆることで皆様のサポートをしていきたい」とコメント。「世界全体を見ても、イノベーションの中に新しい希望があり、ITの活用により社会を転換させていくことができる。イノベーションの進展のキーとなるのが日本の開発者コミュニティだ」と来場者を鼓舞した。

 バルマー氏は今後のコアテクノロジーとして、「ナチュラルユーザーインターフェイス(NUI)」「自然言語処理」「HTML/JavaScript」「ICチップとフォームファクター」「クラウド」の5つを挙げ、「この5つのテクノロジーが、人々に『WOW!』と言わせる可能性を秘めているものだ」と説明。人間の意思を自然に機械に伝えるためのNUIでは、スレート端末のUIなどでまだやるべきことがたくさんあり、Kinectのようなデバイスを活用していくことも重要になるだろうと語った。

 これらのテクノロジーを使うことにより実現できる分野としては、「自動化と運用」「学習と吸収」「分析とアクション」「創造とコラボレーション」「エンターテイメントとソーシャル」「コミュニケーション」の7つを例示。MicrosoftがSkypeの買収に至った理由も、コミュニケーションの分野でさらなるイノベーションを実現するためだとして、「ビジネスとコンシューマー、そして世界各地を結ぶために活用していきたいと」と語った。

コアテクノロジーとして挙げた5つの技術 テクノロジーが実現する分野として「自動化と運用」など7つを例示

 主要製品の今後についてはまずWindows Phoneを挙げ、「想定よりも1年ほど遅れたが、活発に活動している」とした上で、「明日大きな発表がある」と予告。日本での展開についても今後、端末の製造メーカーやキャリア、追加される新しい機能などについて、順次発表していくとした。

 Windows Azureについては、「クラウドであるため、数週間ごとに新しいことがAzureの中で起きている」として、日本でも採用が広がっていると説明。今後の世界はクラウドと既存のシステムのハイブリッドモデルになっていくだろうとして、ハイブリッドモデルをいかにサポートしていくかがマイクロソフトのクラウド戦略においても重要になっていくとした。

 Windowsの次期システムについては「来年登場する」として、今年中にもスレートやタブレット、PCなどのフォームファクター向けに様々な新機能が発表されると説明。ブラウザーについての取り組みも活発に進めており、「Internet Explorer 9(IE9)は最速のブラウザーになった」と成果を強調した。

 バルマー氏は来場した開発者へのメッセージとして、「みなさんの作業がまさに業界を動かしている。デベロッパーのみなさんを何よりも強くサポートしていきたい。何よりもデベロッパー、デベロッパー、デベロッパーだ。次世代のわくわくできるようなイノベーションを、日本のデベロッパーのみなさんに期待している」と語り、講演を締めくくった。
【お詫びと訂正】
記事初出時、Windows Phoneについて「日本でも明日大きな発表」としていましたが、正しくは世界規模での発表となります。お詫びして訂正します。

Windows Phoneについて「明日大きな発表」と予告 Windowsの次期システムについては「来年登場」と明言

HTMLで対応できない領域をSilverlightで

日本マイクロソフトの大場章弘氏

 続いて登壇した日本マイクロソフト執行役デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の大場章弘氏は、クラウド時代に開発者が輝く分野として、「ソーシャル」「大規模並列処理」「スマートデバイス」「ユーザーエクスペリエンス」の4つを例示。ソーシャルの分野では、ソーシャルゲームのプラットフォームとしてもAzureが広く活用されており、スケーラビリティの面からもソーシャル分野での開発・運用にはクラウドが欠かせないと語った。

 スマートデバイスの分野では、Windows Phone向けの日本語にも対応する次期バージョン「Mango(開発コードネーム)」の公開予定を説明。Silverlightは4に対応し、1500を超えるAPIを追加、カメラやセンサー対応の強化、Skypeへの対応などを行っており、まもなく提供できる予定だとした。

 ユーザーエクスペリエンスの分野では、IE9でHTML5など標準技術への準拠を進めるとともに、HTMLではカバーできない領域をSilverlightで対応していくと説明。また、KinectをWindowsから利用するためのSDKについても公開の準備を進めており、まもなく提供できるだろうという見通しを明らかにした。

クラウド時代に開発者が輝く分野 Windows Phoneの次期バージョン「Mango」もまもなくリリース予定と説明
IE9/10、Windows PhoneでHTML5など標準技術への対応を進める HTMLでカバーできない領域をSilverlightで対応すると説明

Windows Azureの技術解説マンガ「クラウド ガール」順次公開

 開発者向けの施策としては、日本語技術情報の充実などMSDNオンラインの拡充を進めるとともに、イベントや講座の開催などフェイストゥフェイスでの支援、コミュニティとの連携も進めていくと説明。また、Windows Azureの入門者向け施策として、イメージキャラクター「クラウディア・窓辺」を主人公にしたマンガによる技術解説「クラウド ガール -窓と雲と蒼い空-」を順次公開していくことを発表した。

Windows Azureの入門者向け施策として、技術解説マンガ「クラウド ガール」を順次公開する 会場ではクラウディア・窓辺の「声」も披露され、声優は喜多村英梨さんであることが公表された

関連情報

(三柳 英樹)

2011/5/23 20:21