記事検索

DTI、3G+公衆無線LANプランに10GBオンラインストレージを無償追加


 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は27日、NTTドコモ3G回線および公衆無線LANによるインターネット接続サービスがセットになった「DTI ハイブリッドモバイルプラン」において、容量10GBのオンラインストレージ機能「ServersMan@Disk」を標準サービスとして無償追加すると発表した。既存加入者向けにも、6月以降順次提供を開始する。

 「DTI ハイブリットモバイルプラン」は、MVNO事業社であるフリービット株式会社の協力のもと、NTTドコモの3G(FOMA)回線によるモバイルインターネット接続を提供するサービスで、3月8日に提供を開始。通信帯域制限がなく、さらにNTTコミュニケーションズの公衆無線LAN「ホットスポット」(スタンダードエリア)も利用できるのが特徴。料金は月額2980円+機器レンタル料月額630円。24カ月の継続利用契約が必須で、途中解約時は残余期間に応じた手数料がかかる。

 新たに追加される機能「ServersMan@Disk」は、容量10GBで月額210円のオンラインストレージとして、4月1日から広く一般ユーザー向けに提供を開始していたもの。ウェブブラウザー、Windows専用クライアントアプリの双方からアクセスできる。

 「ServersMan@Disk」を利用するには、「DTI ハイブリットモバイルプラン」契約後、データ通信端末が到着した段階で設定ページ「MyDTI」からアクティベート作業を行う必要がある。既存加入者向けには6月中に詳細を案内する予定で、実際の機能提供は「6月以降」としている。


関連情報


(森田 秀一)

2011/5/30 06:00