記事検索

iPhoneアプリ「自転車NAVITIME」公開、「坂道少なめ」ルート案内も


 株式会社ナビタイムジャパンは14日、自転車用のルート検索や音声でのルート案内が可能なiPhone向けアプリ「自転車NAVITIME」を公開した。価格は350円。App Storeからダウンロードできる。

 ルート検索では「距離が短い」「坂道が少ない」「坂道が多い」「大通り優先」「裏通り優先」という5種類のルートを検索できる。それぞれのルートの高低差もグラフで確認することが可能だ。

 なお、現時点では荒川沿いや多摩川沿いなどのサイクリングロードのルートは収録していない。ナビタイムジャパンによれば、時期は未定ではあるが将来的にサイクリングロードの情報も反映させるという。

「距離が短い」「坂道が少ない」「坂道が多い」「大通り優先」「裏通り優先」という5種類のルートを検索できる

 スポット検索は全国700万カ所が対象。「5kmから10kmの間」のように距離を指定すると、その範囲にあるスポットを検索できる「ドーナツサーチ」機能も搭載する。同機能は「今日は5km以上は走りたい」という時の目的地探しに便利だとしている。

 また、ナビゲーションサイト「NAVITIME」でよく検索されるスポットのランキングを元にした「おすすめスポット」も閲覧可能。スポット名とおすすめ度、現在地からの距離と方角が表示される。

ドーナツサーチの画面 おすすめスポットの画面

 走行中は右折・左折・直進を指示するナビ情報に加えて、GPSの移動距離から算出したスピードメーターを表示する。一方、停車中はナビ情報、目的地までの距離、到着予定時刻だけを表示するなど、状況に応じて表示される画面が異なる。

 また、iPhoneの近接センサーを利用した省電力機能として、ポケットにiPhoneを入れると画面が自動でオフになる「ポケットモード」も搭載する。画面がオフになっても、音声案内は継続される。

走行中の画面 停止中の画面

 なお、携帯電話やスマートフォン向けに提供されているナビゲーションサービス「NAVITME」は月額もしくは日ごとの課金となっているが、「自転車NAVITIME」は買い切りのアプリだ。

 このため、今後サイクリングロードのルートを反映する際には、アプリ購入者は無料でアップデートできる。ただし、「将来的に大規模なバージョンアップを行う際などには、追加料金が発生する可能性もある」(ナビタイムジャパン)としている。

 ナビタイムジャパンでは、Android向けアプリも近日公開する予定だ。


関連情報


(増田 覚)

2011/7/14 18:56