記事検索

トレンドマイクロ、Android向け「ウイルスバスター」を発表


 トレンドマイクロは25日、コンシューマー向け製品戦略発表会を開催し、パソコン向けセキュリティ製品「ウイルスバスター2012 クラウド」とともに、Android向けセキュリティアプリ「ウイルスバスター モバイル for Android」を発表した。同社オンラインショップでは8月25日17時より、店頭では9月2日より販売される。

 「ウイルスバスター モバイル for Android」は、Android搭載端末向けのセキュリティアプリ。Android 2.2/2.3/3.0/3.1に対応する。5月にはβ版として提供されてきたが、今回、正式版が発売されることになった。

 価格は1年間、1ユーザー(1端末)で2980円。一方、パソコン向け製品「ウイルスバスター2012 クラウド」とAndroid向け製品「ウイルスバスター モバイル for Android」をセットにしたパッケージも用意され、価格は7980円。パソコン向けの「ウイルスバスター2012 クラウド」では有害サイト対策の一環として、ブラウザのツールバー機能を活用した「SNSプロテクション機能」を用意しており、Facebookやmixi、Twitterを利用する際、危険なサイトへのリンクは赤色、不正の疑いがあるリンクは黄色、テストされていないリンクは灰色で表示する。

正式版で紛失/盗難対策を追加

製品説明を行った吉井氏

 主な機能は「紛失/盗難時の対策」「不正アプリ対策」「Web脅威対策」「迷惑着信/SMS対策」となる。また、2012年5月末までにユーザー登録すると、1年間、無料で、Androidやアプリに関する設定方法などのサポートが無料で提供される。

 製品説明を行ったコンシューマ&SBマーケティング部プロダクトマネージャーの吉井直子氏は、「ウイルスバスター for Android」がオールインワンの製品になるとアピール。β版は20万以上のダウンロードを記録したとのことで、正式版では、従来の機能に加えて、盗難紛失対策機能を追加した。また不正アプリ対策も強化したほかサポートサービスを提供することになった。

 不正アプリ対策は、検索対象のファイルを増やした。これまでAPKファイルだけだったが、それ以外のファイルも検索対象に加えた。迷惑電話や迷惑SMSは、受信したい相手、あるいは拒否したい相手と、ブラックリスト方式/ホワイトリスト方式で管理できるほか、特定キーワードのメールをブロックすることもできる。Web脅威対策は日本で対策しており、ワンクリック詐欺にも対応する。ペアレンタルコントロール機能も用意される。

 新機能の盗難・紛失機能は、スマートフォンのGPS機能を利用し、パソコンのブラウザでその位置を調べたり、遠隔操作したりできる。

 サポートサービスでは、Android Marketの使い方、Googleアカウントの設定方法、Googleマップ、YouTubeなどの使い方をサポートする。このほか、必要なときだけ動作するため、通常の操作で、Android端末のパフォーマンスに影響を与えることはないという。

大三川氏

 同社戦略については、取締役で日本地域担当の大三川 彰彦氏から説明が行われた。同氏は、パソコンだけではなく、モバイル機器の普及、そしてソーシャルメディアの普及により、ユーザーを脅威から守るためには、1つの機器だけではなく、ユーザーが利用する機器やサービスを念頭に置く必要があると指摘。その上で、現在は、外からの攻撃からの防御、そして盗難や紛失などからのデータ保護という2つの対策が求められると説明。今回の製品群は、そうした観点から提供するものと位置付けた。

 またパソコン版とAndroid版を、それぞれ単体で提供した背景として吉井氏は「パソコン向けソフトを購入するタイミングと、Android端末を買うタイミングが一緒とは限らない」と述べ、単体にすることで購入しやすくなると説明。また大三川氏は今後のユーザーの動向を見て、ライセンス体系を検討するとした。

 製品説明の後半には、同社PRキャラクターを務めるモデルの山本美月も登場し、セキュアな環境でAndroidスマートフォンを利用できる同製品の利便性をアピールしていた。


関連情報


(関口 聖)

2011/8/25 15:29