記事検索

「Chrome ウェブストア」日本版で有料アプリの配信がスタート


「Chrome ウェブストア」のトップページ(Gmail公式ブログより画像転載)

 グーグル株式会社は16日、ウェブブラウザー「Google Chrome」上で実行できるアプリのオンラインストア「Chrome ウェブストア」で、日本でも有料アプリの購入が可能になったと発表した。決済には「Google チェックアウト」を利用、日本円建てで購入できる。

 Chrome ウェブストアは2010年12月に米国で公開後、今年5月から日本語版の利用が可能になっていた。Google Chrome用の拡張機能、テーマを含めると、3万点以上のアイテムが登録されているという。あわせてレビュー機能が改善され、各アプリのページでは日本語のレビューのみを表示させることが可能になった。

 今後は、アプリをインストールしていない状態でGoogle Chromeの新しいタブを開いた場合、Chrome ウェブストアのアイコンが表示されるように変更される。この仕様変更については、数日をかけて全ユーザーに提供される予定という。


関連情報


(森田 秀一)

2011/9/16 12:44