記事検索

ソニー、電子書籍端末「Reader」新モデルを発表、3G+Wi-Fi対応モデルも


Sony Reader

 ソニーは29日、電子書籍端末「Reader」の新モデルとして、3G+Wi-Fiモデル「PRS-G1」とWi-Fiモデル「PRS-T1」の2機種を発表した。直販サイト「Sony Style」での販売価格は、「PRS-G1」が2万5800円、「PRS-T1」が1万9800円。発売日は、「PRS-G1」が11月25日、「PRS-T1」が10月20日。

 ソニーの「Reader」はこれまで、電子書籍の購入はPCで「Reader Store」にアクセスして行い、ReaderにはUSBでデータを転送する形となっていた。今回の新モデルは通信機能が搭載されたことで、本体から直接電子書籍の購入が可能となった。また、ウェブブラウザーも内蔵し、各種サイトへのアクセスも行える。

3G+Wi-Fiモデルの「PRS-G1」 Wi-Fiモデルの「PRS-T1」

 3G回線はKDDIのau通信網を利用し、回線料金は最大2年間無料となる「Reader Storeプラン」が用意される。Reader Storeプランは、Reader Storeでの電子書籍の購入のみに3G回線を利用できるプランで、申し込み1年目は無料。1年目に1冊以上の電子書籍を購入すると2年目も無料となる。3年目以降の料金は年額1050円の固定料金。Reader Storeへのアクセス以外に、各種ウェブサイトへのアクセスも行える月額580円固定の「Webアクセスプラン」も用意される。

 無線LANは、IEEE 802.11b/g/nに対応。暗号化方式はWEP/WPA/WPA2で、WPSによる接続にも対応する。

3G回線とWi-Fiに対応し、本体から直接電子書籍の購入が可能に 3G回線料が最大2年間無料の「Reader Storeプラン」が用意される

 「PRS-G1」「PRS-T1」は両機種とも、6型(800×600ドット)・16階調の電子ペーパーを搭載。タッチ操作に対応する光学式クリアタッチパネルを採用し、ピンチ操作などにも対応。内蔵メモリは約2GBで、microSDカードスロットを搭載する。カラーは「PRS-G1」がブラック/ホワイトの2色、「PRS-T1」がブラック/ホワイト/レッドの3色がラインナップされる。

 本体サイズは、「PRS-T1」が約110×173.3×9.6mm、「PRS-G1」が約110×173.3×10.1mm。重量は、「PRS-T1」が約168g、「PRS-G1」が約185g。同型の前モデルと比較して約47g軽量化(PRS-T1の場合)するとともに、本体サイズも幅を約10mm縮小し、新書とほぼ同サイズとした。

 タッチパネルにより、指や付属のタッチペンにより電子書籍のページに書き込みが可能。また、電子書籍中の単語を範囲選択して長押しすると、本体内蔵辞書で単語の意味が表示されるとともに、ウェブ検索用のボタンも表示される。内蔵辞書は、従来機種では英和辞典の「ジーニアス英和辞典 第四版」と英英辞典の「New Oxford American Dictionary Second Edition」だったが、新たに国語辞典の「大辞林 第三版」が追加された。

Reader Storeにアクセスした画面 本文中の単語を内蔵辞書やウェブ検索で調べられる ウェブブラウザーも内蔵する

 PCから書籍コンテンツをReaderに転送するソフト「eBook Transfer for Reader」については、新たにMac OS Xにも対応。PC側の対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.5.8以降となった。

 内蔵充電池による動作時間は、1日60分読書した場合で「PRS-G1」が最長6週間、「PRS-T1」が最長4週間(いずれもワイヤレスオフ時)。対応する電子書籍フォーマットは、配信コンテンツ(.mnh)、XMDF、ドットブック、EPUB、PDF、テキスト。

ソニーの野口不二夫氏

 29日に行われた製品発表会で、ソニーのデジタルリーディング事業部 事業部長を務める野口不二夫氏は、「新モデルは本を読む上で便利な機能、日本向けの機能を入れた製品」と説明。本体を軽量・小型化することで長時間読書する人に使いやすくするとともに、国語辞典も搭載。3G+Wi-Fiモデルも、今回はまず日本オリジナルモデルとして投入したとして、日本市場で寄せられたユーザーからの多数の要望を取り入れたと語った。

 また、本体に内蔵される電子書籍の「お試し版」についても、既存作品10点、Reader Store初登場となる作品5点、Reader Store先行販売となる作品16点を揃え、購入後にすぐに楽しめるだけでなく、お試し版からそのまま作品も購入できるようになった点をアピールした。

 今後については、EPUB3への対応の準備を進めており、年内か年明けをめどに無償アップグレードの形で機能を追加したいと説明。また、楽天の「Raboo」、紀伊國屋書店の「BookWeb Plus」といった他の電子書籍ストアへの対応も予定しているとした。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/9/29 15:38