記事検索

海賊版OfficeをPCショップに対して訪問販売、指名手配の男性を逮捕・送検


 兵庫県警生活経済課と淡路署は1日、海賊版PCソフトを販売して指名手配されていた東京都中央区の男性(49歳)を、著作権法違反(海賊版頒布ならびに所持)の疑いで逮捕し、翌2日に送検した。社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が4日、発表した。

 男性は2009年9月11日、兵庫県淡路市のPCショップ従業員に対して、「Microsoft Office Professional 2007 Plus ボリュームライセンス版(日本語版)」の海賊版CDを10枚、12万円で販売。あわせて同日、兵庫県洲本市のPCショップなどにおいて、90枚を販売目的で所持していたという。

 ACCSの発表によると、中国で製造された精巧な海賊版を第三者を介して入手していたもので、主にPCショップなどを訪問して販売していた。男性は容疑を認めているとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/11/4 19:41