記事検索

楽天市場の店舗向け新サービス「楽天S4」、利用しない場合は24日までに申請を


 株式会社楽天が運営するオンラインショッピングモール「楽天市場」では新サービスとして、出店店舗がFacebookやmixiなど複数のソーシャルメディアで企業ページを開設できるようにするサービス「楽天S4」を10月6日に開始した。サービスは有料で、現在、楽天では出店店舗に対して「楽天S4」を利用するかどうかの確認を行なっているが、サービスを希望しない場合には11月24日までに、店舗側がウェブでその旨を申請する必要がある。

 楽天S4は、利用を申し込んだ店舗について、楽天がFacebookページやmixiページの作成を代行するサービス。店舗が楽天市場に登録した商品を、自動的にFacebookページやmixiページにも陳列する機能も提供する。第1弾サービスとしてはFacebookページの開設に対応し、年内にはmixiページにも対応する予定。

 年内の利用は無料で、2012年以降は月額3000円および企業ページの売り上げの1%を支払う必要がある。サービス開始時点では、事前に申し込んだ約4200店舗が導入しており、今後は楽天市場の全3万7000店舗に向けて利用を拡大していくとしていた。

 楽天では、現在店舗に対して「楽天S4」を利用するかどうかの確認を行なっているが、店舗側から「利用を希望しない」という意向が無かった場合には、希望したものとみなし、サービスを提供するとしている。通知期限は11月24日午後11時59分までで、通知はオプトアウト(利用拒否)用のウェブページから行う必要がある。

 楽天では、今後ソーシャルコマースが拡大していくと思われる状況を踏まえ、楽天S4を導入するが、店舗側に利用を強制するものではないと説明。店舗に対しては案内を複数回のメールと郵送で行なっているとして、確認の上、利用を希望しない場合は通知してほしいとしている。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/11/22 20:04