記事検索

楽天にソーシャル買い物機能、チャットしながら商品購入


 楽天株式会社は25日、「楽天市場」において、ユーザー同士がPCでチャットしながら商品購入を検討できる機能「Shop Together」を導入した。利用は無料。当初は楽天市場内の商品カタログサイト「楽天プロダクト」に限定して公開するが、楽天市場内のすべてのページや楽天グループの他のサービスにも順次展開していく。

 Shop Togetherは、自分が見ている楽天市場の商品ページにFacebookやmixi、Twitter、メールを通じて友人を招待し、チャットを行える機能。Facebookやmixiと連携させた場合、オンライン中の友人を一目で確認でき、リアルタイムでのチャットがしやすくなる。一方、相手側がオフラインでもメッセージを残せる。

 チャットの画面は、楽天市場とは別のウィンドウで立ち上がるため、楽天市場のページを離れてもチャットを継続できる。

 Shop Togetherは、楽天が2010年7月にグループ会社化した米Buy.comが運営するショッピングサイトで先行導入した技術を楽天市場用に改良した。

 楽天市場はShop Togetherを導入し、ソーシャル性のある新しいネットショッピングのかたちを提案することで、ユーザーの滞在時間の延長、決済1回当たりの購入点数や1人当たりの購入単価の増加、購入キャンセル数の減少などの効果を期待しているという。


関連情報


(増田 覚)

2011/11/25 12:55