記事検索

「Google Maps for Android」で建物内マップ提供、東京の主要駅・百貨店も


 米Googleは29日、Androidアプリ「Google Maps 6.0 for Android」を公開し、建物の中の見取り図を表示する初のサービス「インドア Google マップ」のベータ版を開始したと発表した。Android 2.2以上に対応しており、Android Marketからダウンロードできる。

 インドア Google マップは、米国と日本でサービスを開始する。日本では東京近郊の主要駅や空港、東京圏のデパートなどで利用できる。米国内でも空港や主要駅、大規模店舗などで利用可能となっている。利用可能個所の一覧がヘルプページで公開されている。

東京駅 成田空港第1ターミナル 東京ミッドタウン

 インドア Google マップの利用方法は、通常のGoogle マップと変わらない。インドア Google マップが利用できる場所では、地図をズームインしていくと現在地のフロアマップが表示されるようになる。現在地を示す青いアイコン(My Location)は数メートルの誤差で表示されるといい、位置特定技術はこれまでと似た手法で実現しているが、特に室内利用のために最適化したという。複数階の建物ではどの階か自動的に判別し、その階のフロアマップとMy Locationを表示する。違う階を見たい場合は、右側に表示されている階数をタップすれば切り替えられる。また、Latitude機能で近辺の友人を表示させることもできる。

 Googleでは、ビルのオーナーがフロア見取り図の画像ファイルをGoogleにアップロードできる仕組みも提供しているが、この機能に関しては現時点で米国のみとなっている。

 ただし、インドア Google マップに興味のあるテナントビルのオーナーや商業施設の運営企業向けに「Google マップのインドアパートナープログラム」を設けており、専用ページの入力フォームから問い合わせを受け付けている。

ミネアポリスのショッピングモール(Google公式ブログより画像転載)
サンフランシスコ国際空港(Google公式ブログより画像転載)

 Google Maps 6.0 for Androidではこのほか、機能切り替えを容易にするためのツールバーメニューの追加、プレイス起動時に人気店やスポットの自動表示といった機能追加も行われている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/11/30 11:17