記事検索

ACCESS、WebKitベースの情報家電向けブラウザーを開発


 株式会社ACCESSは5日、WebKitをベースにした情報家電向けブラウザーの最新版「NetFront Browser NX v2.0 DTV Profile」を開発し、提供を開始したと発表した。

 「NetFront Browser NX v2.0 DTV Profile」は、デジタルテレビやセットトップボックス(STB)、ブルーレイディスクプレーヤー、車載機器など、情報家電での利用を想定したブラウザー。WebKitをベースにすることで、HTML5など次世代のウェブ標準技術との互換性を確保するとともに、メモリ使用効率を向上。少ないメモリ環境でも安定した動作を実現できるとしている。

 HTML5やCSS3などへの対応に加え、家電のUI向け記述言語CE-HTMLをサポート。欧州の放送と通信のハイブリッド規格であるHbbTVや、英国向けBBC iPlayer v3、国内のVOD規格などへの対応機能もオプションで拡張できる。

 ACCESSでは、1月10日からラスベガスで開催される「2012 International CES」で、「NetFront Browser NX v2.0 DTV Profile」のデモ展示を行う。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/1/5 18:54