記事検索

英語版Wikipedia、SOPAへの抗議で1月18日にサイトを一時閉鎖


英語版Wikipediaのトップページにはサイトの一時閉鎖を伝えるバナーが表示されている

 Wikipediaを運営するウィキメディア財団は16日、米国議会で審議されているオンライン海賊行為防止法案への抗議活動として、1月18日の24時間にわたって英語版Wikipediaを閉鎖すると発表した。

 米国の下院議会では、米国外でのオンライン著作権侵害行為を防止する法案「SOPA(Stop Online Piracy Act)」が審議されており、上院議会にも同様の法案「PIPA(Protect IP Act)」が提出されている。

 Wikipediaでは、これらの法案についての対応をオンラインで議論した結果、法案に抗議する意思を示すため、1月18日の24時間にわたって英語版のWikipediaを一時閉鎖することを決定した。この議論には1800人以上が参加し、これまでのWikipediaの議論の中で最も大きなレベルだったとしている。

 Wikipediaの創始者であるジミー・ウェールズ氏は、「これは我々のコミュニティがとる特別な措置であり、Wikipediaへのアクセスを1秒でも妨げることは残念に思うが、SOPAとPIPAが米国および海外で言論の自由を危険にさらし、インターネット検閲の恐ろしい先例を作ることを無視することはできない」とコメントしている。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/1/17 13:09